顔がシミだらけに?!そうなるなる前に対策を!

 

顔のシミでお悩みのあなたへ! おすすめのシミ対策クリームをご紹介します!

 

※トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪
※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

コラム:顔にシミができる原因は?

 

顔にシミができてしまうと、とても気になりますよね。毎日化粧水を使って保湿したり、乳液や美容液で栄養補給をしてもどうしてもできてしまうシミ、できる原因は何なのでしょうか。
皮膚が刺激を受けると、メラニン色素という物質が作られます。メラニン色素は肌を守るための大事なものですが、茶色い色がついているのでたくさんできてしまうと色素沈着となりシミとなってしまいます。メラニン色素が生成される刺激としては、紫外線によるものや衣服などによる摩擦が考えられます。
また、摩擦によって皮膚が刺激され続けると表面が角質化していきます。これは皮膚を刺激から守るために分厚くしようとする身体の防御機構が働くためです。角質化すると皮膚がガサガサしてきて、新たな色素沈着がしやすい状態を作り出してしまいます。
更に、加齢とともに肌の生まれ変わり能力が低下してくるのもシミの原因になります。メラニン色素が作られたり皮膚が角質化しても、若いうちはすぐに肌が生まれ変わるためにダメージもリセットされ、シミは少なくて済みます。しかし年齢を重ねていくとターン―オーバーが遅くなるため、ダメージがどんどん蓄積されてしまうのです。
綺麗な肌を保つためには、皮膚への刺激をなくすことが最も大切といえるでしょう。

 

コスメQ&A

 

化粧水を塗る女性

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

シミやソバカス、しつこいニキビ跡が消えずに悩んでいるという人は、ハイドロキノンの使用を検討してみるのがおすすめです。ハイドロキノンは昔から皮膚科などで使用されていた美白成分で、肌の漂白剤とも呼ばれるほど効果が高いというメリットがあります。化粧水や美容液に配合されている美白成分にはビタミンCやトラネキサム酸、プラセンタエキスなどがありますが、ハイドロキノンは10倍から100倍ほど効果が高いとも言われています。

 

ですが、ハイドロキノンには肌に与える負担が大きいというデメリットもあります。シミやソバカスを消したいからといって、肌にあわないものを使い続けていると痛みが強くなったり、炎症が起きる可能性があります。そのため使用には十分注意を払うことが必要になってきます。

 

ハイドロキノンのクリームは含有量によって1%から5%と、多くの種類があるのが特徴です。4%や5%と含有量が多いものほどシミを薄くする効果が強いですが、その分肌に加わる負担も大きくなってきます。厚生労働省では濃度が2%のものに限り化粧品への配合を認めているので、初めてハイドロキノンを使用するという人は、これを基準に選ぶようにするのがおすすめです。"